MENU

育毛剤の効果

育毛剤

育毛といえば、忘れることができないのは育毛剤。
育毛剤には、主に頭皮の殺菌・保湿、血行促進などの作用があるものや、男性ホルモンを抑えたり、毛母細胞に栄養分を与えるものなどがあります。
では、育毛剤というのはすべての症状に効果はあるのでしょうか?

薄毛の原因を考えてみると、ストレスや頭皮のトラブル、そして遺伝と様々な要因があります。
ということは、どのような原因によって薄毛になっているのかで育毛の仕方も変わるということなのです。
育毛剤を選ぶときにはも、自身の薄毛の原因が何かも考えた方がよいのです。

育毛剤の効果

本当のところ、すでに生えている髪の寿命や太さと言うのは育毛剤を使用しても変わりません。

なぜなら、髪の毛が生えてきた時の頭皮の状態によって、寿命や太さもほぼ決定しているからなのです。
もっとも、育毛剤を使用することで今以上に悪化しないようにということは可能でしょう。

育毛剤というのは、次に生えてくる髪の毛がより太く寿命のながいものになるように、頭皮を整えるためのものでもあります。
さらに、育毛剤というのはあくまでも頭皮と毛髪に働きかけるものですから、ストレスや健康状態が改善されることはありません。
ですから、育毛剤だけに頼りきりになるのではなく、ストレスの原因を見直したり、生活習慣を改善することも同時進行で進めましょう。